01. 試聴ページ |02. セルフライナーノーツ

セルフライナーノーツ



01 きょうの選択

NHK Eテレの「Eテレ 0655」おはようソングとして2014年から放送されている楽曲。ピースの又吉さんが主人公となって、一日の行動を選択していく。今年、栗コーダーカルkテットを脱退した近藤研二さんによる作曲とアレンジ。作詞やコンセプトは、ピタゴラスイッチでおなじみのユーフラテスのチーム。
02 ウェイクアップ!パパ!

NHK「みんなのうた」2015年6-7月の放送曲。レコーディング当時5歳の佐藤徳之丞(とくのすけ)くんと一緒に歌っている。作曲やアレンジは僕で、作詞は「世界でいちばん頑張ってる君に」の山田英治さん。とっても可愛らしいアニメーション映像は、かつてMV「Night Hike」を制作してくれた北山大介くんのパートナー、北山久美子さん。イクメンを目指して育児に積極的に参加するパパ、でも残業続きで週末はやっぱり眠い。そんなパパとどこかへ出かけたくてうずうずしてる健気な子供との、楽しいデュエット。
03 しまじろうと いこうよ

テレビ東京系列「しまじろうのわお!」のオープニングテーマとして2013年に放送された楽曲。「世界でいちばん頑張ってる君に」を作曲した川嶋可能さんが作曲とアレンジを担当。僕もおもちゃ楽器を少し演奏させてもらった。
04 山口さんちのツトム君

2008年発売のコンピレーションアルバム「一緒にうたおう!NHKみんなのうた〜おとなver.〜」から再録。昔のオリジナルの、子供が歌う可愛らしい声も好きなのだけど、僕も小さい頃から慣れ親しんでいる曲なのでカバーさせてもらった。かつてOne Toneというユニットをしていた原口友也くんにギターやバンジョーを弾いてもらった。
05 ネイバーズのうた

NHK Eテレ「ニャンちゅうワールド放送局」のなかの「ネイバーズ」というアニメのテーマソング。2011年に制作。子供のイタズラ描きのようなアウトサイダー風のアニメーションで描かれた架空の生き物たちが、ひとつの建物(アパートメント)に暮らす。作曲とアレンジも担当。掛け声とコーラスは、僕の友人の子供とその仲間に集まってもらって録音した。
06 ごりら

このアルバムのための書き下ろし。かくれんぼとしりとりが一緒になっている。2015年4月5日に高円寺meu notaで行ったワンマンライブにて、お客さんの声を録音してこの曲に収録した。
07 文房具の音

2007年発売のアルバム「KI・CO・E・RU?」からの再録。SAKEROCKの浜野謙太くんがトロンボーンで参加。文字通り文房具を使って曲を完成させていく、ライブでもよく演奏する1曲。
08 フニクリフニクラ

2008年発売のコンピレーションアルバム「家族時間〜NHKみんなのうたカバー集〜」からの再録。ボードゲームの「モノポリー」を、中にいろんなコマが入った状態で底から叩き、列車の音を再現したのが思い出される。ピッチのはずれたアンデスで汽笛の音も再現。シロフォン(小さな木琴)の音色も効果的。我ながらこの曲のアレンジはかなり気に入っている。
09 よしもと「笑楽校」校歌

吉本興業が子供のためのお笑いの学校「笑楽校」を創立し、その校歌の依頼を受けて作詞&作曲。2013年の夏、表参道ヒルズにて笑楽校 presents SUMMER SMILE SCHOOL」が催され、プレイベントが開かれる。その会場で、間寛平さん、山田花子さん、FUJIWARAさんなどいろんな芸人さんとたくさんの子供たちと一緒に、この校歌を練習して披露。その様子をライブ録音したもの。芸人さんのギャグをサンプラーでループして曲を構築していくという、今考えると非常に冒険的な試み。奇跡の1曲。
10 みんな、君だけを待ってる

NHK Eテレの食育アニメ「味楽る!ミミカ」エンディング曲として2006年から放送されていた楽曲。番組のなかで、友人の料理創作ユニット「Goma」が料理コーナーを担当していたこともあり、オファーを受け、アニメのBGMも担当した。いわゆる「劇伴」の仕事は初めてだったのだが、制作はとても楽しかった。テーマソングは、子供が新たな行動の一歩を踏み出せるような、情操教育の意味合いも込めて、作詞・作曲した。
11 シロクマは、いったりきたり

初収録の楽曲。10年くらい前に「みんなのうた」に向けてたくさん曲を書いたときの1曲で、当時はなかなか選ばれなかった。動物園にいるシロクマは行動がたいていループしていて、氷の上と水の中を行ったり来たり。その様子を見ていたらこの曲が生まれた。本当は北極の自然の中をどこまでも進んでいきたい、そんな心理からあの動きになるのかなと思うと、少し切ない。
12 JAMBALAYA

2006年発売のカーペンターズ・カバー集「Do you like pop music like a "he,she&I"」からの再録。原曲の詩は川下りがテーマになっているので、おおげさに解釈してアマゾン川を下るイメージで、いろんな野生動物の声を入れてみた。めずらしくウクレレを自分を弾いている。アコーディオンも効果的。タイトルのジャンバラヤをはじめ、いろいろなスペイン料理が歌詞に出てきて、その発音が独特で今も歌っていると楽しい。
13 Twittin' Roll

2010年発売のアルバム「Lamp&Stool」からの再録。街からスズメが急激に減少しているというニュースを耳にして、曲を作った。カジヒデキさんに鳥の鳴き声の部分などを一緒にコーラスしてもらうという、贅沢なキャスティング。ドラムが左側に寄っているのだが、それがビートルズっぽくて面白い。石本大介くんのギター、高井亮士さんのベースも秀逸。ブギウギなピアノも自分で頑張った。
14 ママパパ応援歌

「ウェイクアップ!パパ!」と同じく、山田英治さんの作詞。子育てしている親たちを、子供目線で応援する1曲。こういう曲はなかなか珍しいのでは。行進曲をイメージして作曲とアレンジをした。この曲でもたくさんの子供たちに参加してもらっている。
15 オクトパス・クラップ

この曲は20年くらい前、まだ僕がバンドをしていた頃に作った曲で、ずっと頭の中に残っていた。タコがクラップをしたら、その足の数の分だけ幸せが増える、というテーマで。サビのところ以外は、新たに書き下ろした。
16 ナズナの茶漬け

2005年発売のアルバム「Night Hike」からの再録。今でも人気の高い曲で、よくライブでも歌っている。今年のツアーではバンジョーとともに、ほっこりと。当時、大貫妙子さんの「Grey Skies」に収録されている「約束」という曲に影響を受けて作った。
17 ウェイクアップ!パパ!
[カラオケ]
曲に合わせて歌ってみてください。お子さんのいる方はぜひご一緒に。



01. 試聴ページ |02. セルフライナーノーツ